チアゾール誘導体及びそれらの使用

Abstract

本発明は、特に自己免疫障害及び/又は炎症疾患、循環器疾患、神経変性疾患、細菌又はウイルス感染、腎臓疾患、血小板凝集、ガン、移植、赤血球欠損症、移植片拒絶又は肺傷害の治療及び/又は予防における、式(I)のチアゾール誘導体に関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002053566-AFebruary 19, 2002Japan Tobacco Inc, 日本たばこ産業株式会社Thiazole compound and pharmaceutical use thereof
      JP-2002543067-ADecember 17, 2002シナプティック・ファーマスーティカル・コーポレーション選択的なnpy(y5)のアンタゴニスト
      JP-2003501420-AJanuary 14, 2003アゴウロン・ファーマスーティカルス・インコーポレーテッドジアミノチアゾール及びプロテインキナーゼ阻害のためのその使用
      JP-2005522458-AJuly 28, 2005ノバルティス アクチエンゲゼルシャフト5−フェニルチアゾール誘導体およびpi3キナーゼインヒビターとしての使用
      JP-S59193878-ANovember 02, 1984Fujisawa Pharmaceut Co LtdThiazole derivative
      WO-03062215-A1July 31, 2003Kylix Pharmaceuticals B.V.(thia-/oxa-/pyra) zoles substitues 4(hetero-) aryle pour inhibition de tie-2

    NO-Patent Citations (1)

      Title
      JPN6012031619; Sayed SM et al: Heteroatom Chemistry Vol.11, No.5, 2000, p.362-369

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2016510775-AApril 11, 2016バイエルスドルフ・アクチエンゲゼルシヤフトBeiersdorf AG, バイエルスドルフ・アクチエンゲゼルシヤフトBeiersdorf AGアルキルアミドチアゾール類と保存剤とからなる組合せ物
      JP-2016510776-AApril 11, 2016バイエルスドルフ・アクチエンゲゼルシヤフトBeiersdorf AG, バイエルスドルフ・アクチエンゲゼルシヤフトBeiersdorf AGアルキルアミドチアゾール類と芳香物質とからなる組成物